トップページ

トモダ商店

こんにちは、トモダ商店と申します。

姫路市で企業様や個人様から海外貿易用、国内販売用に高い値段でトラック、乗用車の買取や事故・故障車の買取もしています。

また、自動車解体もしておりますので廃車買取もいたします。

高く買取る4つの理由

1.海外バイヤーに売るから!

いろんな国の海外バイヤーにお売りしています。

2.独自データに基づき相場に詳しい!

30年間のノウハウが詰まった独自データです。

3.解体許可があるから!

事故・故障車もパーツやエンジンを取って売ることができるから高く買えます。

4.エンジンの値段まで知っている!

だからどんなものでも買取できます。
書類なしのトラック・車でも買取できます。

 

トモダ商店で査定すべき理由

1.お気軽に相場がわかる

2.一括査定のように電話攻撃しない

査定フォームを使って頂ければメールにてご返信します。

電話:079-266-2638

とりあえず査定してみましょう

 

そのお車、お宝かもしれません

お車の売却に失敗しないためにも本当の相場のお値段を知る事は重要です。価値のないと思い込んでいる車に価値があることはたくさんあるからです。

海外向け車の相場は毎日、刻々と変動しています。それは各国の法律が突然変わったりするからです。

ある国で法律が変わり、今まで輸入できなかった車が輸入できるようになるとその車の値段は上がります。また、その逆もありえます。

結果、昨日までスクラップだった車が今日は宝となります。なので、お値段を聞くということはとても大事なのです。

なぜ日本車が海外で人気?

日本車は海外で非常に人気があります。タフで故障が少ないからです。海外の発展途上国の道路は日本のように 舗装されていません。そんなボコボコ道でも日本の車は悲鳴を上げることなく走ります。また故障したとしても日本車は修理がしやすいです。

次に日本の気候も人気に関係しています。日本には四季があり気候は穏やかです。アフリカ大陸のように過酷な暑さはなく、 中央アジアのように砂漠の砂やホコリもなく、ヨーロッパのように乾燥していません。そんな日本の気候は車を痛めつけることなく、 質の良い状態に保ってくれます。

なので日本人の感覚でボロボロだと思っている車でも海外の人にとっては普通であったり、むしろキレイだったりします。

いま、世界ではどんどん発展している国がたくさんあり、日本車の需要は高まっています。 さらに、どこかが不景気になったとしても、別のどこかは好景気という状況です。 そのため、日本車は安定して高値で取引きされています。

古い車の方が高い?

はい。貿易車種にはよくあることです。特にトラックによくあります。平成一桁のトラックの方が高くなることが多いです。

なぜ?

ローテクで修理しやすいからです。コンピュータ等ついていないトラックは、海外の未発達な修理屋さんでは直しやすいです。それに古い車の方が馬力があります。さらに、パーツもたくさんあるからです。

安くなる車・トラックは?

腐食です。強烈な錆び、腐食は安くなってしまいます。正直、凹みなどより下がることが多いです。腐食は直しようがないからです。

 

事故・故障車

なぜ事故車や故障車が海外でも取引きされるのかというと修理代や人件費が日本にくらべて格段に安いからです。だから日本では高くて修理できない車でも海外では多少、荒っぽくても修理してしまいます。また海外ではそれほど容易に日本車のパーツ(特に新しい年式の)は手に入りません。さらに事故車などはパーツに解体してコンテナにつめて輸出するので関税も安くすみます。なので事故車や故障車も需要があります。

事故車や故障車、どこを見て値をつけるの?

いちばん大事なのはエンジンです。エンジンに問題がない場合は値がつきます。次に大事なのは車の顔(車の前周り)です。多少の擦りキズ、ヘコミが車の横や後ろにあっても大丈夫な場合も多々あります。

つまり事故や故障をしても価値がまだ残っている車もあるのです。 なのでパニックになって買い叩かれることなく冷静に売りましょう。 例えエンジンが故障していたとしても故障の程度がありますので必要以上に弱気にならずに 冷静に売りましょう。

トラックの場合は乗用車にくらべてより大らかな査定になります。どんな無残な状態であっても エンジンがある限り値はつきます。そしてほぼ全てのトラックは輸出に向きます。なので驚くような 値がつくことも多々あります。

査定はこちら

電話:079-266-2638

廃車買取

自動車の解体もしていますので、スクラップ車や軽四など一般的な修理屋さんや自動車屋さんより、高く買取ることができます。

廃車無料ですのでお気軽にお問合せください。

最後まで読んでくださってありがとうございます!